どうして特許申請には事前調査が必要なのかを解りやすく漫画にしてみました。

是非お読み下さい。

特許調査_5コマ漫画-190214-1-600

発明とは、簡単に言うと、新しく考え出した技術のアイデアです。

特許されるためには、アイデア(発明)が自然法則を利用していることが求められます。

特許調査_5コマ漫画-190214-2-600

発明しただけでは特許されません。

特許されるには、まず特許庁に「こんな発明をしたので特許して欲しい」という申請をしなければなりません。この申請のことを「特許出願」といいます。

特許調査_5コマ漫画-190214-3-600

特許出願された全ての発明が特許されるわけではありません。

特許出願をしたあとに、特許庁の審査官による審査をパスする必要があります。

その後、特許の登録料(「特許料」といいます。)が特許庁に支払われた発明だけが特許されます。

特許調査_5コマ漫画-190214-4-600

偶然、自分と他人が全く同じ発明をして、それぞれ別に特許出願したら、全く同じ発明については1つしか特許されません。

先に他人がした特許出願で特許されたら、そのことが理由となり、後で自分がした特許出願では特許されません。

このような考え方を「先願主義」といいます。簡単にいうと、早い者勝ちということです。

特許調査_5コマ漫画-190214-5-600

自分の発明と同じ内容が、先に特許出願されていないか調べておく必要があります。

自分の発明と同じ内容が先に特許出願されていると、自分の発明は特許されませんので、特許出願費用がムダになってしまうからです。